すごく長く感じた授業があっという間だったような気がした。

長く感じたけれど、終わると、もう終わりか。なんて少しガッカリするような。 

いればいるほど心臓が飛び出そうであいつとなんかいたくないと、気持ちバレてしまうと、そう思うけど

いなくなったらいなくなったで嫌で嫌で。。。でもあいつがいると上手く話せなくて。

そんな気持ちが沢山頭の中をグルグルした。

いつでも複雑なこの気持ち。こういう気持ちも、好きなのかもしれない。



それからどれくらい経ったのだろうか。

あいつはいつも隣にいる。でも教科書を一緒に見るなんて奇跡はもうない。

いつも白紙だったプリントだってちゃんと書いているし、先生の話だってちゃんと聞いていて

きっとMDウォークマンはいつものように持って来てはいるんだろうけど

授業中に聞くなんてこと、もうなくなった。

真面目になったような気がするけれど、見た目は何も変わっていない。

クラス皆の態度も変わっていない。私も気持ちも変わっていない。

時々あいつが貧乏ゆすりをする。きっといつもと違うことをしてるからイライラしているのか。

やっぱり授業はあいつには合わないと。そう思った。

その貧乏ゆすりが静かな教室に響き渡る時が時々ある。

それを聞く度、皆の態度がまた急変して、ビクビクと少し怯えてしまう。

それを見ると私まで貧乏ゆすりをしたくなるほど、腹が立つんだ。

いつまでもそんな態度で、あいつはどう思っているのかわかる?

皆最低だよ。最低。

そんなコトバは言えるはずもなく、いつものように心にしまうだけ。



「田宮さん」



「はい」



「ココの問3、わかる?」



「たぶん・・・・2番だと思う。」



「どうして?」



「消去法でいけば、最後に5番と2番が残るんだけど、5番は引っ掛け。」



「そうなんだ。田宮さん頭良いーーー!!!ありがとう☆」



あいつに声をかけられた。

今度はちゃんと話すって決めたんだ。自分の中でそれはずっと決めていて。

自分にとったらちゃんと話せてなかったって思うけど

あの時のように何もコトバを発さず、冷たい態度じゃなくて、ちゃんとコトバにして話せた。

話した内容なんてこれっぽっちも覚えていやしない。

あいつの言葉を聴くのに精一杯で「ありがとう」ってコトバが嬉しくて嬉しくて、頭から離れなくて。

顔は真っ赤だと思い、また寝たフリをしてしまった。

あいつに気づかれてしまっただろうか。あいつに変な目で見られていないだろうか。

風がいつもより気持ちが良い。







ガンバレ、私。





18>>>



広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー