- 恋 風 : 第 5 章 -

2006/08/21 (Mon) 09:21:43

君の好きな夏がきた。
田舎に来ると君のことを思い出す。
こんなとこに連れてきたら君は

「何もないけど、たまにはこんなところもいいね」

なんて、私の隣で言ってくれてることを。

過去に縛られて生きるなんて、格好悪いと思うけどどうしても好きなんだ。
ただ君が。
君さえいれば、何もいらないと思ってた自分が、今もまだ鮮明で
思い出すだけでドキドキするよ。
過去なんて思えないくらい、今もまだ君が好きで。

君と一緒に、君の好きな夏を過ごしたかった。
海海!と言って、子供みたいにはしゃぐ君と
今年の夏も過ごしたかったよ。

そしてこれからも。







--------------------------------------------------------------------------

本当にあの人は夏が好きだった。
暑い暑いと言いながら、ウキウキしているあの人を見るのが好きだった。
どうしてかな。
顔は思い出せないのに、君がウキウキしていた時に感じてた想いだけは
今でもちゃんと思い出すことができるよ。
今年の夏も一緒に過ごしたかった。
今年の夏も一緒に暑い暑いって言いながら、海の話でもしたかったよ。

--------------------------------------------------------------------------







←back







広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー