だんだん君が私の頭の中の記憶から薄れていく。
考えることがなくなってきた。
他の誰かのことを考える時間が多くて
会えない君を思い出すことすら忘れてる日もある。
このままだったら離れていっても大丈夫かな。
次の恋にいけるかな。
君はどうしてるんだろう。とか君に会いたいとか。
そんなことだって、今は思ってないよ。
離れるのが信じられなかった私でも、ちゃんと受け止めてるよ。
大丈夫。大丈夫。

世の中には、ついて良い嘘もあるのだ。


2005 / 02 / 10







何かに願うばかりで、偶然とか、たまたまとか、形も何もないものに任せて触れられる君。
そんなものでも嬉しく思うのだ。
この世のことじゃないくらい、嬉しいのだ。
頬を真っ赤にして、また君を、好きになるのだ。

ただただ単純な、君にとったら何でもないような行為でさえ
恋をしている、それだけで、触れることが難しく感じたり、怖くなったりしてしまう。
それは、そう、恋をしている君にだけに。


2005 / 02 / 05







←back







広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー